正しく服用すればバイアグラ本来の効果を発揮してEDを改善できる

量を増やす前にタイミング

薬のシート

バイアグラを試してみたけど効果を感じられなかったという人は、服用のタイミングが誤っていた可能性があります。
日本で使用が認められているバイグラは25mgと50mgで、1日1回の服用と決まっています。
効果は5~6時間ほど続き、続けて使用する場合は必ず24時間以上の間隔をあける必要があります。
そして、バイアグラの主成分であるシルデナフィルは、非常に食事の影響を受けやすい薬なので、
飲むタイミングとしては必ず食事前の空腹時を選んで下さい。
バイアグラの効果を実感できなかったという人の多くは、バイアグラを食後に服用してしまっています。
通常、バイアグラは服用してから30分~1時間ほどで効果が現れ始めます。
食後にバイアグラを服用すると、効果が出るまでにかなりの時間がかかりますし、現れた効果もバイアグラが本来持つほどの高い効果ではありません。
効果を実感できなかったという人も、一度食事前の空腹時に服用してみて下さい。
バイアグラを服用する前にどうしても食事をとらなければならない予定があるという場合は、
食事から2時間の間隔を空けてバイアグラを服用しましょう。
2時間あれば食べたものの栄養素も体内に吸収されているので、バイアグラの成分の吸収を阻害することもないと思います。
また、効果を感じないからと言ってバイアグラの量を増やすことはやめましょう。
バイアグラは日本基準で開発された薬ではないので、日本人男性の身体のサイズを考えると25mgでも十分な効果を発揮します。
決められた用量を守らずにバイアグラを服用し、救急車で搬送されてしまった方もいますから、
効果が出ないと思っても安易に量を増やすのではなく、まずは服用のタイミングなどを見直してみて下さい。